AMAZING THAILAND
自由で 優しく 誇り高き心をもった国 タイランド その魅力のかけらにぜひ触れてみてください

ククリット・プラモート

2013年01月01日(火) コメント(0) 投稿者:管理人

ククリット・プラモート

画像はTHE ORIENTAL HOTEL様

1941年12月8日は日本が真珠湾奇襲攻撃を行った大東亜戦争開戦の日である。

終戦直後、アジア諸国は異口同音に欧米至上主義からの解放に対して日本に謝意を表している。

タイ王国第18代首相ククリット・プラモート氏も現地新聞のサイアム・ラット紙に起稿した「十二月八日」の中で次のように述べている。


日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母胎をそこなったが生まれた子供たちはすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民が英米と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁を為した日本というお母さんがあったためである。
十二月八日は我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大な決心をされた日である。
我々はこの日を忘れてはならない。


ややもすれば歴史は勝者によって捻じ曲げられがちである。
その渦中においてククリット・プラモート氏が日本を「お母さん」と呼んでくれたことには深い感銘を受けた。

我々も先人たちとククリット・プラモート氏の気持ちを胸に刻み、東日本大震災の際には未だかつてない力添えを日本にしてくれた立派に育った大人とこれからも共に歩んでいきたいものである。

親カテゴリ

コメントする




このページの先頭へ

タイの素ブログ